月明らかに星稀に

三國無双の二次創作小説置き場。 蜀の皆さんばっかりです。 女性向けカップリングを多々含んでおります、ご注意ください。

趙雲と劉備

十五夜暗夜<趙劉>

こんにちは!
今宵は十五夜です。
皆様の地域はお月見が出来るでしょうか?
私の地域は無理っぽいので、私の分まで楽しんでください・・・

さて、前回上げた「十三夜の月」の続きのお話となります。
趙劉ネタですので、カプ要素苦手な方はご注意ください。
気軽な気分で十三夜ネタやりましたら、予想外に楽しんで頂けたようでありがとうございます!!
こちらも良い時間つぶしとなってくれましたら幸いです。

いつも拍手、コメント入れて下さいましてありがとうございます♡
コメント頂かなかったら書けなかったお話なので、本当に感謝の一言です。
またお時間のある時にご要望などお気軽に下さいませ、いつも喜んで拝読しております!!

続きを読む

十三夜の月<趙雲と劉備>

こんにちは!
日々の忙しさに流されておりましたら、もう九月が終わりそうになっていました・・・
そんな事実に驚きながら先日、山の方にある不動尊へ行ったとき、秋の花の代表である金木犀が咲いておりまして、その香りを楽しみながら秋のお話でもと思い立ちました。

個人的な見解の水魚の関係に、趙雲と劉備の片思い話を絡めてみました。
誤字、脱字がありましたら随時修正して行きますので、苦笑いしながらお暇潰しをして貰えますと嬉しいです。

いつも拍手、コメント下さいましてありがとうございます!!
こんな私的な趣味の作文(小説とは自分で言いづらい)ですが、楽しんで頂けているとのご感想を頂くと嬉しさと有難さから平伏して感謝しております。
皆様の良い時間つぶしのお手伝いが出来ますように、もう少し読みやすくとか、情景が分かりやすくとか鈍足ながらも頑張って行きたいと思います。重ねてありがとうございます♡


続きを読む

始まりと続きのお互い <趙備と姜禅>

こんばんは。
一カ月以上ぶりの更新となりました、お久しぶりですみません!

今回は、頂いたリクエストのお題で作文をさせて貰いました。
素敵なリクエストを下さってありがとうございました!アップが遅くなってしまってすみません(土下座)
今回は先輩趙雲と不器用な後輩姜維で、趙備と姜禅設定です。
姜禅とは言っていますが、姜維は蜀に入ったばかりで片思いな雰囲気です。

書いている私がこの姜維以上に不器用なので、長い作文になってしまいました。
それでも暇潰しにしてみようか、と思って下さる方がいらっしゃいましたら、どうぞお付き合いください。
最近、趙備をあまり見かけなくなって私さみしい・・・ので頑張って書き続けようと思ってます。

いつもコメント、拍手を下さいましてありがとうございます!!
更新のタイミングに波があって、お待ち頂くことも少なからずあると思いますが、温かいご感想を拝読するたびにパワーを貰って生きております。
またお時間のあるときに遊びに来て頂けましたら嬉しいです、いつもありがとうございます!続きを読む

シークレット・シークレット<趙劉・将星モード創作>

こんにちは!
梅雨入りのニュースが聞こえて来る時期です、皆様いかがお過ごしでしょうか?
湿気が多すぎるのは困る事が多いので、ううんって感じですが、この時期があるから梅雨明けが楽しみにもなる、というので取り敢えず頑張っています。

今回は趙劉で。相変わらずなお話です。
将星モードで文鴦くんが蜀に居る、という設定での作文となっております。
文鴦好きなのです、純粋そうな感じが良いなと。
劉備と趙雲がベタベタしておりますので、カップリング苦手な方はご注意くださいませ。


※いつも拍手、コメントで応援下さいましてありがとうございます!!
自分で妄想している馬良さんを褒めて頂けるなんて思っておりませんでしたので、本当に嬉しくて♡
これからも趙劉と共に馬良さん(孔×良)推して行きますので宜しくお付き合い頂ければ幸いです!
もっと読みやすくて綺麗な作文を目指して頑張ります、重ねてありがとうございます!!!続きを読む

細月の囁き

こんにちは!深夜ですがこんにちは!!
連休も終わりまして、今度は梅雨の話が近づいて来そうな時季です、いかがお過ごしでしょうか?
一カ月ぶり、位の更新となりまして相変わらずのマイペースで申し訳ないです。
元気にしておりました!

いつも拍手、コメント下さいましてありがとうございます♥
こちらから直にお返事できないのが申し訳ないと思いつつ、本当に嬉しい気持ちで読ませて頂いております!体調悪くても元気になるくらい、拍手やコメント頂けたときの喜びパワーって凄いものだと。
自分の作文力にがっかりする事もありますが、諦めないでもっと楽しんで貰える、自分も楽しめるお話を書いて行きたいと思います!

ええと、今回はちょっとガッツリめの趙劉話です。
色っぽい部分もありますので、カップリング話が苦手な方はご注意ください。
本文は続きボタン以降に。

続きを読む